字幕【テキサス親父】2014年チーム・テキサス親父「旅の記録」

スポンサーリンク

【動画解説】

テキサス親父にとっての2014年は、65年の人生の中で、生まれて初めての出来事ばかりで、最も旅の多い年となった。

チーム・テキサス親父は、一年の多くの時間をテキサス親父と供に旅をすることになった。

日本では、9カ所10の会場での講演会を開催、フランス・アングレーム市での国際アニメ祭への参加し、韓国に買収された反日慰安婦カルトと対峙、スイス・ジュネーブでは、国連の自由権規約委員会へ出席し、反日サヨクと対峙、カリフォルニア州グレンデール市では、市議会での慰安婦関連の発言その他、デンマーク領フェロー諸島では、シー・シェパードと直接対峙するなど、日本の名誉と尊厳を守る為に各国を一年中動き回った年だった。

1月~2月:フランス・アングレーム国際コミック祭
韓国による捏造慰安婦漫画に対抗するため。

4月:テキサス親父の「怒れ!罠にかかった日本人」(青林堂)の出版記念のサイン会&講演会(サンケイホール・東京)

6月~7月:テキサス☆ナイトとテキサス親父講演会Westで、北海道、東京、名古屋、山口、福岡、佐賀、熊本、沖縄での講演会を開催。

7月:スイス・ジュネーブの国連欧州本部へ反日団体が、反日の拠点としている国連人権委員会・自由権規約委員会へ調査へ。

7月:イタリア・ミラノ・ローマ経由で、バチカン市国へ
東京裁判で、戦犯とされた1,068名の魂を祀るために1980年にバチカンでミサが行われたと言う事を確認のため。

9月:日本の太地町の鯨・イルカ漁の妨害を続けているシー・シェパードが、フェロー諸島の捕鯨を妨害するために500名のメンバーを送るとの事で、シー・シェパードに対するカウンターの為。その後に和歌山県太地町へ。

10月:シー・シェパードの大口支援者であった、アディ・ギル氏と対シー・シェパードとの戦いで共闘する為にカリフォルニアへ

10月:慰安婦像が設置してある、カリフォルニア州グレンデール市の市議会の公聴会へ、「日本叩き」の為に設置されたのかどうかを確認の為に行き発言。
慰安婦像の撤去、米軍の慰安婦達の為の慰安婦像の設置、または、現在ある慰安婦像の横にある石碑の文言を変えるように進言。

10月:サンディエゴで、シー・シェパードの新しい船の進水式があるというので、行くも、乗船拒否される。

Misic: Pralrie Land from JewelBeat.com

—————————————————————
テキサス親父オフィシャル・グッズ・ストアー 
http://texas-daddy.shop-pro.jp/
—————————————————————
■テキサス親父の最新字幕版動画をアップとニュース等を同時にお知らせ!■
ツイッターで@MR_DIECOCKをフォローまたは、
フェイスブックはShun Fergusonに友達申請して頂ければ自動的にお知らせ。
——————————————————————–
テキサス親父日本事務局の運営は、皆様方の寄付と事務局メンバーの個人による出費にて賄われています。皆様方からのご支援を宜しくお願いします。

●支援先:群馬銀行 熊谷支店
●店番:300 ●口座:普通預金:934849
●口座名義:テキサスオヤジニホンジムキョク

●カードお支払いも可能です。下のリンクよりお願いします。
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=Z4RSBRDF4J32G

中国語、韓国語、ベトナム語、フランス語、スペイン語、タイ語、その他の外国語の翻訳のボランティア募集中
事務局の活動に御協力頂ける事務局のメンバー募集中
お問い合わせ、お申し込みは info@texas-daddy.com まで
——————————————————————–
テキサス親父日本事務局 
http://texas-daddy.com
テキサス親父日本事務局 スタッフブログ
http://staff.texas-daddy.com
テキサス親父日本事務局 第1チャンネル
http://www.youtube.com/user/OUTSIDESOUND
テキサス親父日本事務局 第2チャンネル
http://www.youtube.com/user/PropagandaBusterJp
テキサス親父日本事務局 第3チャンネル (韓国語および外国語)
http://www.youtube.com/user/PropagandaBusterInt
——————————————————————–
テキサス親父、テキサス親父の動画、その他に関しての
ご意見、ご要望その他は、info@texas-daddy.com まで

クリックで救える命があります
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
クリックで救える命があります