字幕【テキサス親父】アメリカ人は馬鹿だ!シリーズ―「無言」を守る「言論の自由」

スポンサーリンク

【動画解説】

“つい最近、次期大統領のドナルド・J・トランプ氏は、ツイッターでこう呟いた。
「誰であろうとも、アメリカ国旗を燃やす事は許されない。もし国旗を燃やしたら、それなりの責任を負うべきだ。例えば市民権の剥奪や、1年間の投獄だ」”
このツイートは大変な論議を巻き起こし、評論家は「国旗を燃やすことは、合衆国憲法修正第1条において言論の自由として保障されている」と主張している。同条の内容は、以下の通りである。
『合衆国議会は、国教を制定する法律もしくは自由な宗教活動を禁止する法律、または言論・出版の自由もしくは人民が平穏に集会して不満の解消を求めて政府に請願する権利を奪う法律を制定してはならない。』
1989年のアメリカ最高裁での「テキサス州対ジョンソン」裁判において、アメリカ国旗を燃やすことは合衆国憲法修正第1条で保障されている言論の自由の表現であると、判断された。
判決を掘り下げると、国旗を燃やすことは、発言したり言葉で表現することではなく、単なる行為だが、そのような言葉を使わない行為が「言論の自由」として保障されている…というものだ。
こんな状況を考えてみよう。野球のバットを持った人が、異民族の人物の頭を繰り返し殴ったとしよう。その最中、暴行を加えている人が、被害者の民族的伝統に対して罵倒を浴びせた場合だ。
加害者は、被害者を野球のバットで殴った罪で検挙されるだろう。それに加えて加害者は、暴行中の異民族に対する否定的な言葉による中傷を理由として「ヘイト・クライム」でも罰せられる。
加害者の発する言動は「言論の自由」の範疇外で、無言で国旗を燃やす行為は、「言論の自由」で保障されている。不思議な話だ。

—————————————————————
テキサス親父オフィシャル・グッズ・ストアー 
http://texas-daddy.shop-pro.jp/
—————————————————————
■テキサス親父の最新字幕版動画をアップとニュース等を同時にお知らせ!■
ツイッターで@MR_DIECOCKをフォローまたは、
フェイスブックはShun Fergusonに友達申請して頂ければ自動的にお知らせ。
——————————————————————–
テキサス親父日本事務局の運営は、皆様方の寄付と事務局メンバーの個人による出費にて賄われています。皆様方からのご支援を宜しくお願いします。

●支援先:群馬銀行 熊谷支店
●店番:300 ●口座:普通預金:934849
●口座名義:テキサスオヤジニホンジムキョク

または、カードお支払いも可能です。下のリンクよりお願いします。
https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_s-xclick&hosted_button_id=Z4RSBRDF4J32G

中国語、韓国語、ベトナム語、フランス語、スペイン語、タイ語、その他の外国語の翻訳のボランティア募集中
事務局の活動に御協力頂ける事務局のメンバー募集中
お問い合わせ、お申し込みは info@texas-daddy.com まで
——————————————————————–
テキサス親父日本事務局 
http://texas-daddy.com
テキサス親父日本事務局 スタッフブログ
http://staff.texas-daddy.com
テキサス親父日本事務局 第1チャンネル
http://www.youtube.com/user/OUTSIDESOUND
テキサス親父日本事務局 第2チャンネル
http://www.youtube.com/user/PropagandaBusterJp
テキサス親父日本事務局 第3チャンネル (韓国語および外国語)
http://www.youtube.com/user/PropagandaBusterInt
(韓国の妨害により閉鎖に追い込まれました)
——————————————————————–
テキサス親父、テキサス親父の動画、その他に関しての
ご意見、ご要望その他は、info@texas-daddy.com まで

クリックで救える命があります
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
クリックで救える命があります