【南モンゴル草原の風 #11】ユネスコ記憶遺産申請の意義/南モンゴル出身力士・蒼国来/司馬遼太郎「草原の記」を読む[桜H29/12/30]

スポンサーリンク

「南モンゴル草原の風」は、中国共産党により民族浄化の危機にある南モンゴルの現状やニュース・文化・歴史等を多言語でご紹介する番組です。
Анхны дугаартаа”Өмнөд Монголын Их Хуралдай” болон хуралдайн Тайван дахь ажилгааг танйлцуулах болно

キャスター:
 オルホノド・ダイチン(世界南モンゴル会議幹事長)
 古川フミエイツ(シンガー)

テーマ:
①南モンゴルの相撲とは
②南モンゴルクリルタイ ドイツと東京の活動報告
③「文化大革命でのジェノサイド」ユネスコ記憶遺産働きかけへの意義
④「日本人が出会ったモンゴル」第1回 司馬遼太郎
  ゲスト:三浦小太郎(評論家)

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

クリックで救える命があります
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
クリックで救える命があります