【青山繁晴】既得権益に染まったオールドメディアの左傾構造と国営放送の可能性 / 好奇心と一点集中の両立とは?[桜H30/4/13]

スポンサーリンク

独自且つ的確な視点と情勢分析による鋭い提言や価値ある情報発信において他の追随を許さない青山繁晴が、視聴者からの質問に答える形で、日本の現状と未来を展望していく『青山繁晴が答えて、答えて、答える!』。
今回は、既得権益の腐敗を象徴する「TV・新聞業界」の左傾構造と、一国民として可能な対抗手段についてお話しするとともに、好奇心と専門分野の確立について助言いたします。

【青山繁晴への質問を募集中!】
青山繁晴に聞いてみたいこと、話して欲しいことなどをお寄せください。 テーマのジャンルは問いません。 お名前の公開が可能かどうか、お知らせください。
・ 郵送 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル1階
・ メール info@ch-sakura.jp
・ FAX 03-3407-2432
日本文化チャンネル桜 「青山繁晴・質問」係 宛て

◆独立総合研究所
 http://www.dokken.co.jp/

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

クリックで救える命があります
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
クリックで救える命があります