【海幸山幸の詩 #32】来たる御代の大嘗祭に向けて~大正から伝わる六ツ美「悠紀斎田」お田植えまつり[桜H30/7/21]

スポンサーリンク

八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。
新たに即位した天皇が最初に行う新嘗祭である「大嘗祭」。 一代一度かぎりの最も重要な儀式に献納する新穀を育てるための特別な水田として、京都を境に東西から一ヶ所ずつ、「悠紀斎田(ゆきさいでん)」と「主基斎田(すきさいでん)」が選ばれる。 今回は、大正天皇即位に際して「悠紀斎田」が選定された愛知県岡崎市の六ツ美地区にて、当時からずっと続いているお田植えまつりの模様をご紹介しながら、栄誉ある斎田の歴史と米づくりの伝統を継承していく人々の思いを、お伝えします。

案内人:葛城奈海・秋山仁美
テーマ:来たる御代の大嘗祭に向けて~大正から伝わる六ツ美「悠紀斎田」お田植えまつり

ゲスト:
 野々山克彦(「大嘗祭 悠紀斎田」著者)
 村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会 会長)
 高木栄三(八幡社)
 都築正治(大正宮 宮司)
 六ツ美西部小学校 合唱部
 六ツ美中学校 吹奏楽部
 加藤祐幸(六ツ美「悠紀斎田保存会」運営部会長)
 栗本昌彦(六ツ美「悠紀斎田保存会」おどり部会長)
 早川佐代子(六ツ美「悠紀斎田保存会」)
 ※ VTR出演

※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
http://www.ch-sakura.jp/579.html

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp

クリックで救える命があります
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
クリックで救える命があります